HOME > ブログ

W・T・Cブログ

外装・内装の塗装工事が完了しました|静岡県浜松市の某マンションにて

こんにちは!

横浜市の外壁・屋根塗装専門店のW・T・C 脇です。


9月に入ったと思ったらあっという間に、中旬になっちゃいました。


とは言っても8月ほど天候の不安定さがなかったんで、仕事も順調に進んでますよ!



さて、最近ちょっとブログの更新がおろそかになってたんですが・・・。それもそのはず、静岡県の浜松市で大規模修繕を行ってたんです。


ちなみにわたくし、まだウナギは食べてません(笑)


無事施工も完了し、少し落ち着いたんでやっとパソコンに向き合えました。


それでは、施工完了後の写真を披露させて頂きます!



まずは内装から。

下の写真は壁を、内装仕上げ材「ジョリパット」を使って仕上げてます。


1505379809915.jpg


塗りムラもなく、丁寧に塗ったことで非常に平滑に仕上がりました!


1505379813927.jpg


続いてはタイル面の塗装です。

どうです、ツヤツヤでしょ?


1505379500031.jpg


また共用部の廊下も施工しておりますよ。


1505379503234.jpg


最後に壁面の塗装。

デザイン性も出て、良い仕上がりになりました!


1505379509320.jpg

少しでも入居率アップに繋がれと思いながら、魂を込めて塗り上げました。


1505379512501.jpg


外壁・屋根の塗装工事が完了しました|神奈川県藤沢市のK様邸にて

こんにちは

横浜市の塗装工事専門店W・T・Cの脇です。


昨日は東北で物凄い雨だったですよね。


ここ最近の天気は全く予想がつかないんで、我々にとっても作業の進捗に影響してくるんで油断できない日々が続いてます。



さて、そんな不安的な天候の中、着工していた藤沢市のK様邸の施工が無事完了しました!


藤沢市K様邸の外壁・屋根塗装


外壁の色は「濃い深緑色」の塗料を使用してるんですが、見るアングルによっては色がちょっと変わって見えるのが特徴なんです。


20170724-02.jpg


今回の外壁の塗料は


日本ペイント ファンパーフェクトトップ

を使用してます。


この塗料はW・T・Cでも結構使ってるんですけど、粘性調整によりレベリング性(均一に平らになる力)を向上させ、美しい艶が得られるんです。


あと、低汚染性もあり、雨だれなどの汚染なんかにも優れた効果を発揮してるんですよ。


もちろん塗料だけでなくそれを使う職人の腕があってこそなんですが。



また、屋根は


日本ペイント 遮熱サーモアイsi

を使用。


この塗料にはシリコン樹脂が入っていて非常い耐久性が高く、太陽の直射日光にも強いんです。それと、遮熱機能がしっかりとしてるんで、屋根に熱が蓄積しずらくなるんですよ。



という事で、細部までこだわっての塗装工事となりましたが、無事何事もなく完了することが出来ました。


K様も仕上がりを見て


「脇さんのとこに頼んでよかったよ」


とおっしゃって頂きました。

今回はW・T・Cをご用命頂きましてありがとうございました!



コロニアル屋根のタスペーサー挿入と中塗り|神奈川県藤沢市のK様邸にて

こんにちは!

横浜市の外壁・屋根塗装専門店のW・T・C 脇です。

 

昨日、今日と物凄い湿度で参っちゃいますね。

職人にも口酸っぱく言ってますけど、水分補給と小休憩はマメにとるようにしてます。

 

今日は九州・四国で大雨らしいんで、関東にも影響が来る前にしっかりと仕事を進めますよ!

 

さて、本日も藤沢市のK様邸での施工です。

本日は屋根の下地処理からの中塗りの様子。

 

まずはタスペーサーの挿入。別名「屋根縁切り」って言います。


blog571-02.jpg

 

タスペーサーは、下塗りが完了した時点で屋根と屋根の間に入れるんです。それによって隙間を作るんですけど、屋根と屋根のとの間に隙間が確保され屋根材の下に雨水が侵入した際に排出するんです。


blog571-01.jpg

 

これをやらないと屋根材が漏水で腐ったりするんで、いやま必須のアイテム。

 

 

タスペーサー挿入後は塗装の中塗り。

今回は、日本ペイントの「サーモアイsi」という塗料を使っての塗布です。


塗装の中塗り


ちなみサーモアイsiはにシリコン樹脂塗料の強力な結合力により、過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料なんですよ。

 

W・T・Cでも使用頻度の高い塗料の一つです。

下地処理もバッチリしてるんで、中塗りの塗膜の密着性は抜群なはず!あとは職人の腕の見せどころの「塗膜を均等」に塗り込みます。



そんな訳で、下地処理後の中塗りの様子でした。

また、ご報告します!



屋根の板金部(棟・雪止め)の錆止め塗布|神奈川県藤沢市のK様邸にて

こんにちは!

横浜市の外壁・屋根塗装専門店のW・T・C 脇です。

 

今日はお天気がいろんな表情になりましたね。

晴れたかな?と思ったら、今にも雨が降りそうな雲になったり‥。

 

こんな日って、なかなか先を読んでの事が難しくなるんで、もっとはっきりした天気が希望です(笑)

 

 

さて、本日も藤沢市のK様邸の塗装工事中です。

 

本日は屋根の板金部の塗装。

 

まずは、前回の外壁のシーリングの施工が完了して、今日は屋根の板金部の塗装を行いました。

 

下の写真は、「棟」の板金部に錆止めを塗布です。


棟の板金部の錆止め塗装

 

『棟(むね)』って屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分を指すんですけど、ここが一番屋根の板金部で劣化しやすいんですね。

 

錆びて劣化しちゃうと、最悪強風とかで棟が吹っ飛んでしまうことも。

 

ですので、しっかりと下地処理して錆止め材を丁寧に塗布することがポイントなんです。

 

 

また、下の写真は「雪止め」の錆止め塗布。

雪止めって細かい部分なんですけど、すごく大事なんです。


雪止めの板金部の錆止め

 

思わぬ大雪が降る事ってありますよね。雪が沢山積もりそれが解け始めると突然雪崩のように滑り落ちてくる事があります。

 

もし経年の劣化で雪止めが錆びて、機能しなかったらほんとに怖いです。

 

 

そんな訳で、屋根の本格的な塗装前の大事な錆止めの作業でした!

また、ご報告します!



外壁のシーリング打ち替え工事|神奈川県藤沢市のK様邸にて

こんにちは!

横浜市の外壁・屋根塗装専門店のW・T・C 脇です。

 

いやあ、熱いですね(笑)

沖縄では梅雨明けしたみたいすけど、本州はこれから梅雨本番なのかな?

 

うちは職人が命ですから、しっかりと体調管理のため、水分補給と休憩を適度に入れながら今日も施工しております!



さて、本日は今週からスタートした藤沢市のK様邸の外壁の補修工事中です。

 

下の写真は、シーリング部の打ち替え工事の流れです。

まずはシーリングの打ち替え前の状態です。


1498176240406.jpg


どうですか?結構劣化してますよね。


1498176246224.jpg


写真で分かりますかね?経年の劣化でシーリング材が劣化して細くなってます。このまま放っておくと、漏水の可能性もあるんで注意が必要なんです。

 

そして、既存シーリング材を撤去。

ポイントはズバリ丁寧に処理する事なんです。雑になってしまうと、これから打ち込むシーリングの密着性が悪くなっちゃいますから。


1498176250705.jpg

 


1498176254717.jpg

 

細かい作業なんですけどシーリングの打ち替えはなんといっても「下地処理」が最も重要なんです。これを疎かにすると、新規で打ち込んだシーリングの意味がなくるくらい大切なんです。


この後の作業は、プライマーを丁寧に塗布して、シーリングの打設になります。

そんな訳で、また進捗の方をアップします!



<<前のページへ1234567891011

アーカイブ

インターネットでのお問い合わせはこちらから